20年落ちの初代インプレッサでも高価買取が付いた秘密

世界的にコアなファンが多いインプレッサ

スバル・インプレッサは、レガシィの下位モデルという位置付けの車種で、1992年に発売された車です。
初代インプレッサの頃から「WRC(世界最高峰のラリー)」に出場し、最速の車として世界的に有名な車種の1つです。
ラリーから撤退した今でも、世界的にコアなファンが多く、走りを追求する車好きな方やレース好きの方から大好評の車です。

 

スバルの国内販売網はさほど広くなく、他の人気車種のように流通する台数が出回りません。
コアユーザーが多いので、新車で購入してから長く乗る人が多く、中古車市場にも出回りにくく、
このような理由で、査定も高い値段が付くことが多いのです。

 

ディーラーの下取り価格よりも買取価格のほうがグンと高く売れることが期待できるので、
インプレッサを高く売りたいと思うのなら買取査定を依頼することをおすすめします。

 

 

オプションや走行性能によって見積もりが変化する

 

インプレッサはスバルの代名詞のスポーツカーとして、走りを求めるユーザー層にとても大好評を得ている車種となっています。
快適な走りを求めるユーザーは走った距離や年式よりも走行性能重視を重視します。内装や外装はもちろんのこと、
オプションや安全性能が付いていたほうが査定額が加えられます。

 

全輪駆動である「AWD」搭載車や「衝突被害軽減ブレーキシステム【アイサイト】」搭載車であれば30万の査定価格アップも見込めます。
2.0Lも1.6Lも、卓越した走行性能と乗り心地を発揮しますが、1.6Lよりも2.0Lが高めの値段がつくので、1.6Lとの査定額の差が
10〜20万円ほど変る場合もあります。

 

色を見ると、ブラックやホワイトパールだと買取価格がアップすることがあります。
いきすぎたカスタマイズ車だと評価下降につながります。次に乗るオーナーも自分好みのカスタマイズを希望する、
という観点で見て、純正である、またはそれに近いほうが高い査定額が付きます。

 

ただし、見積もりを依頼する会社によってカスタマイズ車にも高い評価をしてくれる業者も存在しますので
複数の業者で見積もりを依頼すると良いでしょう。

 

 

20年落ちの初代インプレッサで10万円の価値が

 

GC/GF系(1992年-2000年)
初代インプレッサのGC/GF系モデルは、20年落ちとなりますがGC8というモデルを見積もったら買取価格10万円をはじき出した例もあります。GC8は、スバルがラリー選手権で活躍していたモデルを、一般仕様として売り出したグレードで、インプレッサファンにとっては垂涎の的でもあります。

 

GD/GG系(2000年-2007年)
2代目インプレッサと呼ばれています。15〜10年落ちとなり、下取りも買取も難しい低年式となってきます。
2005年のWRX STiで150万円、2003年式のGDAで99万円の査定額がついています。

 

GE/GH/GR/GV系(2007年-2011年)
3代目インプレッサと呼ばれています。7年落ち程度となり、相場では40〜50万円の価格帯が多いようです。
この時期に生産されたグレードで高値がついた例として、2008年式のGS2が50万円〜130万円、
2007年式のS-GTで60万円で買い上げられたことがあります。

 

5ドアタイプ ハッチバックWRXスポーツは2011年式で200万円で売れた例があります。
「4ドアセダンタイプ(G4)」ですと90〜130万円の査定額を叩き出します。
状態や走行距離の多さで評価減があれども、査定の基準額としては値崩れがあまりないので安定した相場です。

 

カラーはラリーカラーであるメタリックブルーだと加点がつき、買い取り価格がアップします。
WRXの下取り価格は30〜50万前後が相場となっていますのでディーラー下取りの前に前に査定を依頼することによって、
予想以上に高値がつくこともあるかもしれません。

 

 

>>インプレッサの損しない買い取りならこちらへ<<

 

関連ページ

愛車フォレスターを売る時の買取額アップのコツ
中古車を高く買い取ってもらうコツを解体新書で公開します!