大事な大事なあなたの愛車:タント!少しでも良い条件で査定してもらいませんか?

あなたのタント、手放すと決めたら納得する価格を目指しましょう!

ダイハツ工業が製造・販売する軽トールワゴンといえば、何といってもタントですよね。
軽自動車とは思えないほどの広い室内空間が特徴で、大きい荷物だって簡単に積み下ろしでき、楽に乗り降りできることもあって、
ファミリーを中心として、非常に人気を得ています。

 

2003年から発売されているタントなので、初代に乗られている方だと、もう10年以上乗っていることになりますね。
今更、売りに出したいと思っても、どうせタダに近い価格なんだろうと何となく決めつけてしまっていませんか?

 

実は、意外にもそれがそうでもないのです。それが事実なら、ちょっとでも高く売りたいと思うのが当然の心理ですよね?!

 

ここでは、実際、どんな方法でどれくらいの相場で取引されているのか検証していきましょう。

 

 

年数の経過したタントっていくらくらいで売れるの?

 

タントの特徴は、1700oを超える全高と、2000oを超える全長による広い室内空間にあります。
2007年、2013年と2回の大きなモデルチェンジを経て、現在のモデルに至ります。

 

駆動はFF方式、トランスミッション=4速ATで、とりわけ「カスタムRS」モデルにはターボエンジンが搭載され、走行時のパワーを改善してくれています。

 

ここでは敢えて10年落ちの2005年式のタントが、良い条件だとどれくらいの価格で売れるのかということを見ると、
実際に38万で査定された例があります。

 

最も悪い場合でも、最低10万では買い取ってもらえるのです。新車で軽を購入する価格から比べてもそこそこの値段であると言えますよね。

 

勿論、グレードや、色の人気の有無、どれだけ走行してきたかということによっても査定の結果は異なってきますが、使い勝手が良いタントは、
長い間値段が崩れることなく取引できそうです。

 

特に、特別仕様車(カスタムやリミテッド等)のモデルは、専門の取引業者で高価取引が行われているようです。

 

 

“下取り”“買取り”どっちにすればいいの?

 

ここで、“下取り”と“買取り”では、実際見積りにどんな価格差がつくのか下記にて見てみましょう。

 

 『年式』 /   『下取』 ・ 『買取』
平成23年式/   69万円 ・ 92万円
平成22年式/   62万円 ・ 92万円
平成21年式/   57万円 ・ 85万円 
平成20年式/   47万円 ・ 90万円

 

このように『下取り』より『買取り』の方が結果が良くなります。
下取りでの場合、走行距離=少、傷=無し、グレード=高といった場合、もちろんより良い結果が得られます。
もちろん買取りの場合でも同じで、好条件であればあるほど高く見積もってもらえるでしょう。

 

しかし、買取りの場合は、例え走行距離が10万q超えのものでも、グレードが高いもので無かったとしても、
海外でも人気があることも後押しして、高く見積もってもらえるのです。

 

 

愛車のタントをもっと高く買ってもらう秘訣は?

 

余り値崩れは起こしにくい人気のタントですが、大事にしてきたからこそ、満足のいく価格で手放したいと思いますよね。
そのためには、1社だけでなく、できるだけ多くの業者に見積もってもらうことが大切です。

 

とはいえ、一件一件依頼するには時間もかかってしまいますし、一体どうしたらよいのでしょうか。
それには、ぜひ、ネットでの一括査定をお勧めします!とっても簡単ですよ!

 

>>愛車のタント、満足の買取り査定をしてもらおう!<<

 

関連ページ

「ダイハツ・ムーヴの買取額を最大限に引き出すポイント」
中古車を高く買い取ってもらうコツを解体新書で公開します!